カフェインの過剰摂取は酵素を破壊する

コーヒーのダイエットにとって良い面は、消化酵素の働きを助け、脂肪燃焼を促すという点です。
ですから多少であればコーヒーを摂取することがダイエットにプラスに作用することは十分考えられます。

しかし酵素ダイエット、特に断食中はなるべくカフェインは摂取しない方が良いといいます。
特にファスティングや酵素ドリンクの置き換えダイエットをしている場合、胃は空っぽで、水分や酵素ドリンクを飲んでいても、胃は空腹と同様の状態にあります。

ですから空っぽの胃にカフェインなどを入れてしまうと刺激が強く、胃が荒れ、胃痛や吐き気を引き起こしかねません。
カフェインはコーヒーだけに含まれているわけではありません。

紅茶や緑茶、コーラ、栄養ドリンクなどにもカフェインが含まれています。
意外と私たちの身の回りにはカフェインを含んだ飲み物が溢れているのです。

カフェインのデメリットはそれだけではありません。
カフェインには覚せい作用があり、精神が高揚して集中力が増したり、疲労が回復して、一見元気になった気になります。

しかし実際にはカフェインは鉄分の吸収を阻害したり、ビタミンやミネラルを消費するため、体内の栄養が不足するのです。
コーヒーを飲み過ぎて貧血になる人もいるぐらいです。

これではせっかく酵素ドリンクで栄養補給しても、体内に十分な量吸収されないので、代謝促進効果は半減します。
またカフェインは酵素を破壊したり、酵素の働きを阻害するとも言われています。

そのため代謝の過程で何らかのトラブルを引き起こすこともあるでしょう。
1日2,3杯コーヒーを飲んでも平気という人は多いですが、自律神経や内臓に負担がかかっていないとも言い切れません。

実際に自律神経失調症になった人は、カフェイン断ちをすることで症状が改善することは良くあるようです。
カフェインが悪いわけではありませんが、適度な量を摂取するようにしましょう。

おすすめ酵素ドリンク


ベルタ酵素
【価格】1本4,980円
【内容量】710ml
【味】ピーチ味


ベジライフ酵素液
【価格】1本4,980円
【内容量】500ml
【味】黒糖味


優光泉
【価格】2本7,800円
【内容量】550ml×2本
【味】スタンダード・梅

その他の記事

酵素ダイエット

酵素ドリンク

ダイエット豆知識

スポンサーサイト