コーヒーを飲んで痩せる

コーヒーを毎日飲んでいる人も多いことと思います。
コンビニでも手軽に挽きたてのコーヒーを飲めると爆発的に売れましたね。

コーヒーは健康に良い、悪いと賛否両論ありますが、果たして毎日飲んだ方が良いのか否か、分からない点も多いと思います。
確かにコーヒーは健康にとって良い面もあれば、悪い面もあります。

どんな食品や飲み物にも言えることですが、適量が身体に良くても、摂り過ぎはかえって有害になるものです。
このことはコーヒーにも言えると思います。

ご存じのようにコーヒーにはカフェインが含まれています。
カフェインには交感神経を活発にして、眠気防止にも効果がありますが、摂り過ぎると自律神経のバランスを崩してしまいます。

人によって適量は異なりますが、自分にちょうど良い量を知れば、健康にも、そしてダイエットにも効果があります。
今回はコーヒーのダイエット効果についてフォーカスを当ててみたいと思います。

コーヒーに含まれるカフェインには交感神経を高ぶらせる働きがあるのは先ほど申し上げた通りですが、その他にもカフェインに含まれるリパーゼという成分やクロロゲン酸には消化酵素の働きを促進して、脂肪を分解させる作用があります。
脂肪は一度付いてしまうと中々落ちてくれません。

というのも脂肪が燃焼するには、脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解しなければならず、どうしても時間がかかってしまうからです。
有酸素運動をしても、実際に脂肪が燃焼され始めるには20分程度かかると言われるのはこのためです。

リパーゼとクロロゲン酸は脂肪の分解を促進するので、脂肪が燃焼しやすくなるのです。
ですから、運動を始める20分ぐらい前にコーヒーを飲んで運動を始めると、脂肪燃焼効果が高まります。

またカフェインには利尿作用や血行を促進する働きがあります。
コーヒーを飲むとトイレが近くなる経験があると思います。

これはカフェインにより利尿作用が働いているためであり、体に溜まった老廃物や余分な水分を体外へ排出することが出来るのです。
不要な老廃物や水分が排出されると、血行が良くなって、冷えやむくみの解消にも効果があります。

また代謝が向上するので、エネルギーが消費されやすくなり、ダイエットにも良い効果が期待できます。
さてコーヒーにダイエット効果があるのはご理解いただけたと思いますが、どんな飲み方をしても良いのでしょうか。

ダイエットのためにコーヒーを飲むのであれば、やはりブラックが良いでしょう。
砂糖を入れると甘くて美味しいコーヒーになりますが、当然砂糖はカロリーが高くなりがちです。

どうしてもブラックが飲めないという人は少しだけ砂糖を入れるようにしましょう。
また缶コーヒーは甘くて美味しいですが、砂糖が大量に入っているので、カロリーは高めです。

また飲み過ぎると糖尿病を発症する危険性もあります。
缶コーヒーを飲むなら、こちらもブラック、無糖タイプを選ぶと良いでしょう。

コーヒーは一日何杯飲んでよいかという疑問がありますが、これも人によって異なります。
海外では1日に3,4杯飲む国もあるようですが、日本人がその量を飲んでも平気かといえば、疑問です。

コーヒーを飲み過ぎると、体質によって副作用が出る可能性もあります。
カフェインを過剰に摂取すると、交感神経が優位に働く状態が続き、自律神経を崩してしまうかもしれません。

また胃腸が荒れる、吐き気、貧血を起こす方もいるようです。
自分の適量を知り、コーヒーを楽しみながら、ダイエットに励みましょう。

なおどうしてもコーヒーが飲めない人は、ごぼう茶を飲むのも良いでしょう。
ごぼう茶の脂肪燃焼効果はダイエットにも役立ちます。

おすすめ酵素ドリンク


ベルタ酵素
【価格】1本4,980円
【内容量】710ml
【味】ピーチ味


ベジライフ酵素液
【価格】1本4,980円
【内容量】500ml
【味】黒糖味


優光泉
【価格】2本7,800円
【内容量】550ml×2本
【味】スタンダード・梅

その他の記事

酵素ダイエット

酵素ドリンク

ダイエット豆知識

スポンサーサイト