皮下脂肪の落とし方

皮下脂肪という言葉を聞いたことがあるでしょうが、脂肪の付き方や付いた箇所によって、脂肪の落とし方が異なるのはご存じでしょうか。
皮下脂肪と対比する脂肪で内臓脂肪というものがあります。

内臓脂肪は、比較的男性に付きやすいのですが、放っておくと生活習慣病の原因にもなる、危険な脂肪です。
一方で皮下脂肪は健康上は内臓脂肪ほど問題ではないですが、女性のお腹周りに付きやすく、見た目を気にする方も多いことでしょう。

皮下脂肪がお腹周りに付くと、昔は履けたズボンが履けない、ベルトの上にお腹が乗っかっているという現象も起きてきます。
脂肪を燃焼させるには有酸素運動をするという方法がありますが、内臓脂肪に比べ、皮下脂肪は有酸素運動をしても、中々落ちません。

そもそも有酸素運動によってすぐに脂肪が燃焼するというわけではありませんので、有酸素運動で脂肪を落としたいのなら、最低でも20分間がウォーキングやジョギングをしなければなりません。
それでは食事制限で皮下脂肪を落とせるかといえば、これもまた簡単ではありません。

というのも、食事制限をすると、人間の体は飢餓状態に陥るのはご存じでしょう。
飢餓状態の身体の中はエネルギーが不足した状態ですので、筋肉や脂肪を燃焼してエネルギーを生成しようとします。

脂肪が減ってくれるのは有難いことですが、脂肪よりも筋肉の減少しやすい傾向にあり、過度な食事制限を続けることで筋肉量の低下を引き起こします。
筋肉量が減るということは基礎代謝が低下するということですので、以前より脂肪が燃焼しにくい体質になったことを意味します。

これではダイエットが失敗するのは目に見えているでしょう。
ではどのようにして皮下脂肪を落とせば良いのでしょうか。

そもそも皮下脂肪は非常時のエネルギー源ですので、落としづらいように出来ています。
皮下脂肪は根気良く付いた脂肪ですから、根気よく落としていくしかありません。

ダイエットの大原則は基礎代謝の向上ですから、有酸素運動と無酸素運動を合わせて行い、少しずつでも脂肪を燃焼させていくことになります。
有酸素運動はウォーキングやジョギング、水泳などがありますが、始めやすく、続けやすいのはウォーキングといえるでしょう。

そして無酸素運動とは酸素を取り入れずに行う運動で、例えば筋トレなどがあります。
無酸素運動は筋肉量を増やし、基礎代謝を向上させる働きがありますが、一朝一夕で代謝が向上するものでもありません。

継続的に筋トレを行うことで、次第に体質が変化し、基礎代謝も向上していきます。
最低でも1ヶ月は続けてみましょう。

筋トレを続けることが難しいという方は、簡単なストレッチやエクササイズでも構いません。
また皮下脂肪を落とすには、マッサージを取り入れるのもおすすめです。

皮下脂肪の付いた箇所をリンパの流れに沿ってマッサージするだけで、皮下脂肪が軟らかくなり、脂肪の燃焼効果を上げてくれます。
定期的にマッサージを行うことで、老廃物を排出し、血流も改善するので、セルライトが出来るのを防ぐ効果もあります。

おすすめ酵素ドリンク


ベルタ酵素
【価格】1本4,980円
【内容量】710ml
【味】ピーチ味


ベジライフ酵素液
【価格】1本4,980円
【内容量】500ml
【味】黒糖味


優光泉
【価格】2本7,800円
【内容量】550ml×2本
【味】スタンダード・梅

その他の記事

酵素ダイエット

酵素ドリンク

ダイエット豆知識

スポンサーサイト