酵素は空腹時に摂っても大丈夫?

酵素を摂取するタイミングは基本的にいつでも良いのですが、おすすめは空腹時に摂取することです。
でも空腹時は胃酸がたくさん分泌されているし、強酸性の環境なのに酵素の働きは低下しないのでしょうか。

よく乳酸菌を空腹時に摂取すると、胃酸で死滅してしまうため、腸まで生きて届かないといいます。
仮に乳酸菌が死滅しても全く無意味というわけではないのですが、こと乳酸菌の種類によっては生きて腸まで届かないことは事実です。

しかし酵素の場合は胃酸で効果が無くなるということはありません。
確かに酵素はたんぱく質でおおわれていますから、胃酸によって変性することはありますが、働きを失うわけではありません。

一旦胃酸で失活したように見えた酵素も腸内で再び活性化します。
それによく勘違いされているのですが、酵素はたんぱく質もその成分の一つではありますが、たんぱく質そのものではありません。

そもそも胃酸も酵素で出来ていますし、酵素の種類によっては胃酸によって活性化するものもあるのです。
なお食事の後に酵素を摂っても消化酵素の働きを助けるため、結果的に潜在酵素を温存することが出来、潜在酵素を代謝酵素に回すことが出来るので、全く意味がないわけではありません。

ただ空腹時に酵素を摂取すると、酵素の大半がそのまま体に吸収されるため、酵素の吸収率が格段に上がることも分かっています。
ですから空腹時であっても酵素を摂取しても問題はないということです。

いつ摂取するかということよりも、摂取を継続することの方が大切です。
食前や空腹時の酵素を摂ることが難しい方は、食後や就寝前などご自身の都合に合わせて摂取するようにすると良いでしょう。

おすすめ酵素ドリンク


ベルタ酵素
【価格】1本4,980円
【内容量】710ml
【味】ピーチ味


ベジライフ酵素液
【価格】1本4,980円
【内容量】500ml
【味】黒糖味


優光泉
【価格】2本7,800円
【内容量】550ml×2本
【味】スタンダード・梅

その他の記事

酵素ダイエット

酵素ドリンク

ダイエット豆知識

スポンサーサイト