ダイエット中に風邪を引きやすいのは何故?

ダイエット中に風邪を引きやすいという方いますよね。
ダイエット中は食べ過ぎないよう注意するのは仕方ありませんが、気を付けるあまり栄養素が不足するなんてことにもなりかねません。

でも摂取カロリーを抑えたから風邪を引きやすくなったわけではありません。
カロリーは体温を上げる上である程度必要ですが、低カロリーだからといって免疫力が低下するわけではありません。

それよりもむしろ栄養素が不足すると免疫力が低下しますから、風邪菌やウィルスに対抗する力が低下するのです。
もし風邪を引いてしまったら、ダイエットは一時中断した方が良いでしょう。

引いてしまった風邪は仕方ありませんが、出来ることなら風邪予防をしながらダイエットに取り組みたいものですね。
風邪を引かないためにはどうすれば良いでしょうか。

手洗いやうがいは風邪予防の基本中の基本ですね。
でも風邪を引かずにダイエットをする上でたんぱく質やビタミン、ミネラルをしっかり摂ることも大切です。

何故なら免疫細胞自体もたんぱく質で出来ているからで、たんぱく質が不足すると免疫細胞も弱ってしまいます。
それに筋肉は熱を生産して体温を上げる働きを持っていますが、体温を上げることで免疫力もアップします。

そもそも筋肉を構成しているのはたんぱく質です。
ですからたんぱく質を摂ることで免疫力が上がると風邪を引きにくくなるのです。

なお女性の場合はある程度の体脂肪を維持することも大切です。
必要以上に体脂肪が無くなると、女性ホルモンのバランスが崩れるので、当然ながら免疫力は低下します。

それから風邪を引いたときはビタミンを摂りなさいと小さい頃よく言われたものです。
ビタミンは風邪を予防したり、風邪を治すのに有効な栄養素です。

まずビタミンCは免疫力を高めるのに有効な栄養素ですし、ビタミンAやビタミンB群は全身の粘膜を強化して風邪を引きにくくする働きを持っています。
さらにビタミンB群は脂肪燃焼にも役立つ栄養素ですから、ダイエットにも役立つ栄養素です。

そもそも風邪菌やウィルスは鼻や喉の粘膜から体内に侵入してきます。
だから手洗いうがいが大切なのですが、粘膜が丈夫なら風邪菌も侵入しにくくなるわけです。

ビタミンAやB群は皮膚や粘膜を生成したり、新陳代謝を高める作用があるから、健康な皮膚や粘膜を維持するために摂取したい栄養素です。
このようにダイエットで風邪を引きやすい人は、必要な栄養素が不足している可能性があります。

特にたんぱく質やビタミン、ミネラルは意識して摂取するようにしましょう。
もしこれらの栄養素の不足が懸念される場合はサプリメントや酵素ドリンクを利用するようにしましょう。

おすすめ酵素ドリンク


ベルタ酵素
【価格】1本4,980円
【内容量】710ml
【味】ピーチ味


ベジライフ酵素液
【価格】1本4,980円
【内容量】500ml
【味】黒糖味


優光泉
【価格】2本7,800円
【内容量】550ml×2本
【味】スタンダード・梅

その他の記事

酵素ダイエット

酵素ドリンク

ダイエット豆知識

スポンサーサイト