酵素の種類とそれぞれの特徴

私たちが生きるために必要な栄養素は炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルの五大栄養素です。
そしてこれまで必要のない栄養素とされてきた食物繊維も、最近では第6の栄養素として重要視されています。

しかしこれらの6種類の栄養素だけでは人間は生命を維持することが出来ません。
何故なら摂取した栄養をエネルギーに変える必要があるからです。

このエネルギー代謝を支えているのが酵素です。
酵素は栄養素の消化吸収だけでなく、体を動かしたり、呼吸をしたり、あるとあらゆる生命活動に関わっている大事な成分です。

ただ一口に酵素といってもその種類は一つではありません。
その数は数千種類とも言われ、今日でも新たな酵素が発見されています。

酵素はそれぞれに役割を持っており、大別すると消化酵素、代謝酵素、そして食物酵素に分けることが出来ます。
消化酵素として代表的なものがアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼの3種です。

アミラーゼはデンプン、つまり炭水化物をブドウ糖に分解します。
そしてプロテアーゼはたんぱく質をアミノ酸に分解し、リパーゼは脂肪を脂肪酸に分解します。

この酵素の働きを助けるのがビタミンやミネラルであり、別名補酵素と呼ばれるわけです。
このように五大栄養素と酵素が働き合って、私たちの命を支えています。

さて酵素はミネラルとたんぱく質で出来ていますから、熱を加えると変性するという特徴があります。
ですから食べ物を加熱調理すると当然酵素は働きを失います。

酵素は新鮮な生の食材に豊富に含まれていますから、加熱したものばかりではなく、生の食材も食べるようにした方が良いのです。
ですが生ものは腐敗しやすく、長持ちしないという欠点があります。

この欠点を補ってくれるのが日本には古来からある発酵食品です。
例えば納豆やお味噌、漬物など色々あります。

海外発祥の発酵食品としてはキムチ、チーズ、ヨーグルトなどがありますね。
これら発酵させた食べ物にも酵素は豊富です。

このように食べ物に含まれる酵素を食物酵素と言いますが、食物酵素を摂取することで食べ物の消化や吸収、エネルギー代謝を助けてくれます。
酵素の働きを上手に活用することでもちろん健康にもなりますし、ダイエットにも役立てることが出来ます。

そもそも私たちは酵素が無ければ生きていけないわけですから、どれほど重要な成分であるかはお分かり頂けると思います。
酵素が不足すると体が疲れやすくなったり、病気がちになったり、シミやシワが出てきたり、太りやすくなったり、体の至るところにガタが出てきますから、酵素がなくならないように気を付けましょう。

おすすめ酵素ドリンク


ベルタ酵素
【価格】1本4,980円
【内容量】710ml
【味】ピーチ味


ベジライフ酵素液
【価格】1本4,980円
【内容量】500ml
【味】黒糖味


優光泉
【価格】2本7,800円
【内容量】550ml×2本
【味】スタンダード・梅

その他の記事

酵素ダイエット

酵素ドリンク

ダイエット豆知識

スポンサーサイト