酵素が認知症を予防する?

認知症とは何らかの後天的な原因によって脳の神経細胞が死滅し、知能や記憶力の低下、運動や言語障害を引き起こす病気です。
医学の進歩によって平均寿命が延びたわけですが、その一方で認知症にかかる確率も上がり、実際に認知症にかかる人が増えているのも事実です。

では何故認知症になってしまうのか、その原因は何でしょうか。
認知症になる原因はさまざまですが、半数以上はアルツハイマー型、あるいは脳血管性の認知症と言われます。

アルツハイマー型に関しては未だ解明されていない部分が多いのですが、長い年月をかけて脳の神経細胞が少しづつ萎縮してしまうために起こると言われます。
また脳血管性とは例えば血栓が出来て動脈硬化や脳梗塞を引き起こし、脳の神経細胞に十分な栄養や酸素が送り込まれず、細胞が壊死してしまうために起こる認知症です。

いずれにせよアルツハイマー型も脳血管性認知症も日々の食事や運動、生活習慣を見直すことで大幅に発症のリスクを抑えることが出来ると言われています。
この認知症の予防に効果的なのが酵素の働きであることも最近の研究で分かっています。

酵素は食べ物の消化や吸収、エネルギーへの変換や脂肪の燃焼などを行っていますが、他にも血栓を溶かして血流を改善することが出来る酵素も存在します。
またアルツハイマー型の認知症はアミロイドβタンパク質などが脳内に蓄積していくことが原因の一つとして考えられてますが、酵素の中にはこのアミロイドβタンパク質を分解する酵素があるため、アルツハイマー型認知症の発症を抑えることが出来ると言われているのです。

酵素は人間の体に元々あるものですが、人間が生成できる酵素の量はあらかじめ決められており、しかも体内の酵素は20代をピークに徐々に減少していきます。
認知症は高齢者がなりやすい病気ですが、高齢者の多くは慢性的な酵素不足の状態にあり、このことが認知症の発症リスクを高めているのかもしれません。

高齢者になっても食欲が旺盛な人はたくさんいますが、一般的に年を取ると食が細くなる傾向にあり、歯や顎の力が衰えるので固い食べ物を食べることが難しくなります。
そのため食事から酵素を十分な量摂取するのは口で言うほど簡単ではなくなるものです。

ですから酵素ドリンクやサプリメントを用いて酵素を補うわけですが、酵素ドリンクは高齢者でも飲むだけで酵素を簡単に摂取できます。
酵素は何もダイエットのためだけに存在するのではありません。

認知症は自分だけでなく周囲の人間にも負担を与える病気です。
今からでも遅いということはありませんから、酵素を摂取して認知症予防に備えましょう。

おすすめ酵素ドリンク


ベルタ酵素
【価格】1本4,980円
【内容量】710ml
【味】ピーチ味


ベジライフ酵素液
【価格】1本4,980円
【内容量】500ml
【味】黒糖味


優光泉
【価格】2本7,800円
【内容量】550ml×2本
【味】スタンダード・梅

その他の記事

酵素ダイエット

酵素ドリンク

ダイエット豆知識

スポンサーサイト