酵素の最適温度とpHについて

酵素ダイエットとは酵素の働きを最大限生かし、基礎代謝と呼ばれる体内の化学反応を活性化させるダイエット法です。
酵素ダイエットのメリットはスリムな体型を手に入れるだけでなく、若々しくみずみずしい美肌や元気で病気知らずの体を手に入れることも出来るという点にあります。

ただ酵素ダイエットの神髄は単に食物酵素から酵素を摂取するだけでなく、体内に元々ある酵素を温存し、かつ最大限働きを活性化させることです。
では酵素が最大限活性化される環境とはどんな環境のことを言うのでしょうか。

例えば酵素が元気になる最適温度というものがあります。
酵素にも数千種類もありますから、それぞれの酵素が元気になる最適温度は異なります。

中には極限環境微生物の酵素といって、100℃以上の環境でもその働きを失わない酵素も存在するくらいです。
しかし私たちが一般的に言う酵素の大半は40度程度で活性化されると言われ、人間の平均的な体温である37度は酵素が元気に活動できる最適な温度といえます。

酵素は低い温度よりある程度高い温度の方が活発になるもので、体温が上がる程免疫力が上がるのも、酵素の働きが活性化される点にあります。
私たちは風邪を引いたときに熱が上がりますが、これは体温を上げることで酵素の働きを活発にし、体内に侵入した細菌やウィルスを退治しているのです。

ですから熱が出たからいって、すぐに体温を下げない方が良いのはこのためです。
一方で酵素はたんぱく質でコーティングされていますから熱を加えることで変性し、ある一定の温度を超えるとその働きを失活することもあるようです。

もちろん体温が低すぎても酵素はその働きを低下させ、免疫力が低下したり、病気を発症したり、ひどい場合は命を落とすことにも繋がります。
ですから私たちの平均体温である37度を維持することが酵素の働きを維持するためにも大切なのです。

さて、酵素が活性化する条件は温度だけではありません。
もう一つpHという値にも注目してほしいのです。

pHとはペーハーともピーエイチとも呼びますが、いわゆる酸性度を表す単位です。
小学生の頃に理科の実験などで使用したことがあるはずですが、覚えているでしょうか。

pHを知ることで酸性であるかアルカリ性であるか、はたまた中性であるかを知ることが出来ます。
実はこのpHの値も酵素の働きを活性化させる上で大切な条件なのです。

酵素によって中性で働くものもあれば、酸性で働きを強める酵素もあります。
よく酵素を摂取しても胃酸で変性されるか、失活してしまうと言いますが、胃酸のような強酸性の環境でこそ活動する酵素もあるということです。

このように酵素の働きを強めるには環境も大事だということはお分かりでしょう。
当然ながら酵素ダイエットを効率よく行うには、酵素の働きを活性化させる環境を作ることが大切なのです。

おすすめ酵素ドリンク


ベルタ酵素
【価格】1本4,980円
【内容量】710ml
【味】ピーチ味


ベジライフ酵素液
【価格】1本4,980円
【内容量】500ml
【味】黒糖味


優光泉
【価格】2本7,800円
【内容量】550ml×2本
【味】スタンダード・梅

その他の記事

酵素ダイエット

酵素ドリンク

ダイエット豆知識

スポンサーサイト