砂糖はダイエットの敵だった?

甘いものはダイエットの敵だ、食べると太るというイメージがありませんか。
例えばケーキやプリン、お菓子などはダイエットの大敵と言われますが、はたして甘いものを食べることはそんなにいけないことなのでしょうか。

甘いものに入っているのは砂糖ですが、砂糖のカロリーは意外と低いのです。
一口に砂糖といっても、上白糖やグラニュー糖などありますが、おそらくその砂糖も1g当たり4kcalもないはずです。

ですから甘いものを食べて太るのは、砂糖が悪いわけではなく、一緒に含有されている卵やバターであったり、油がカロリーを押し上げているからなんですね。
むしろ砂糖を食べることでセロトニンという神経伝達物質が出るので、精神が安定してドカ食いを防ぐことが出来るといわれています。

逆に食べたいものを必要以上に我慢したり、ストレスを過剰に溜めるとセロトニンの分泌が減少し、いくら食べても満腹感を得られなくなってしまうのですね。
よくダイエットのために大好きなケーキやお菓子を我慢しても痩せられないという人がいますが、そういった原因があるのかもしれませんね。

もちろん砂糖も食べ過ぎれば太りますが、砂糖は絶対に摂取してはならないと過剰に反応する必要はないのですね。
適度に甘いものを食べてストレスを上手に解消し、ダイエットを成功に導きましょう。

おすすめ酵素ドリンク


ベルタ酵素
【価格】1本4,980円
【内容量】710ml
【味】ピーチ味


ベジライフ酵素液
【価格】1本4,980円
【内容量】500ml
【味】黒糖味


優光泉
【価格】2本7,800円
【内容量】550ml×2本
【味】スタンダード・梅

その他の記事

酵素ダイエット

酵素ドリンク

ダイエット豆知識

スポンサーサイト