生理後のダイエットは効果が高い

ダイエットはだらだらと続けるのではなく、メリハリを付けて行うと効果が高くなります。
特に女性の場合は生理があるので、生理周期に合わせてダイエットを行うと、無理なく自然に痩せることが出来ます。

女性は男性と違い、28日周期で女性ホルモンの分泌量が変わります。
自然とイライラしてストレスが溜まりやすかったり、冷えやむくみ、便秘が起きやすい時期があったりします。

ダイエットをするなら断然生理後は効果が高いのですが、生理前や生理中はいくら頑張ってもあまり成果が出ない時期といえます。
生理前1週間と生理中は便秘や身体のむくみが起きやすい時期です。

これは生理に備えて、エネルギーや水分を蓄えておこうとする働きが起きるためであり、普段通りの生活をしていても、自然と体重が増えてしまったり、むくみが生じるのは仕方がありません。
生理が終われば代謝効率も元に戻るので、自然の摂理と捉え、一喜一憂しないことです。

どうしてもストレスが溜まりやすい時期ですので、ケーキやチョコレートなど甘いものに手が伸びてしまいがちですが、脂肪も付きやすいので甘いものはストレスを溜めない程度に我慢しましょう。
生理前や生理中は代謝機能が低下しているので、代謝を促進するような野菜や果物類を食べるようにすると良いでしょう。

野菜や果物には食物繊維やカリウムが豊富なので、余分な老廃物や水分を排出する手助けをしてくれます。
さらにビタミン類も豊富に含まれているので、ストレス解消や肌荒れ改善にも効果を発揮します。

また冷たい食べ物や飲み物よりも、温かいスープ類を飲むようにすると、体も温まり、基礎代謝が向上します。
生理中は出血を伴うので、どうしても鉄分が不足しがちです。

鉄分を補うにはレバーやお肉類、海藻類を食べるようにすると、貧血も予防出来ます。
また手軽に栄養素を補給するなら、酵素ドリンクも併用すると良いでしょう。

生理前と生理中は過度な食事制限や激しい運動は止め、体重を落とすよりも維持することを考えるようにします。
生理が終わったら本格的なダイエットに取り組みます。

この時期は基礎代謝も上がり、1ヶ月の中で一番痩せやすい時期といえます。
特に生理後1週間はダイエットの効果も高いので、この時期にダイエットに集中すると良いでしょう。

ただダイエットといっても、過度な食事制限や激しい運動をすれば良いわけではありません。
栄養バランスの取れた食事をするだけで、自然と結果は付いてきます。

ご飯やお肉、お魚、野菜や果物、海藻類など、色んな食材をバランス良く食べ、炭水化物やタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルを全て摂取できるような献立を考えます。
偏食を避け、暴飲暴食をしないだけで代謝が向上し、老廃物の排出を促してくれるので、自然と痩せ体質になります。

ただ一日に摂取するカロリーだけはきちんと計算してください。
栄養バランスが取れていても、摂取カロリーが多いと当然痩せることは出来ません。

これまで食事の量が多かった方はカロリー計算をしてみると、きちんと食事をしていても意外に空腹を感じることがあります。
どうしてもお腹が空いてしまうときは、水分を摂ったり、酵素ドリンクを飲むと空腹感が紛れます。

それからご飯などの主食は先に食べないようにすると、血糖値の上昇が緩やかになり、脂肪が蓄積しにくくなります。
食べ順ダイエットと呼ばれる方法ですが、お肉や野菜など、炭水化物以外の栄養素を含んだ食べ物から食べるようにすると良いです。

また基礎代謝が向上した状態で軽めの運動を取り入れると、脂肪が燃焼しやすくなるのでダイエット効果が高いといえます。
生理前から生理中は食事制限や運動は止め、基礎代謝が向上するような食事を心がけること、体重を落とすのではなく、維持することを意識します。

そして生理後は運動を取り入れながら、カロリーに気を付けて栄養バランスの取れた食事をする、これが生理周期に合わせたダイエット法です。
効率よく体重を落とすことが出来ると思うので、是非やってみてください。

おすすめ酵素ドリンク


ベルタ酵素
【価格】1本4,980円
【内容量】710ml
【味】ピーチ味


ベジライフ酵素液
【価格】1本4,980円
【内容量】500ml
【味】黒糖味


優光泉
【価格】2本7,800円
【内容量】550ml×2本
【味】スタンダード・梅

その他の記事

酵素ダイエット

酵素ドリンク

ダイエット豆知識

スポンサーサイト